中学受験の模試で点数が伸びないときに考える勉強法

中学受験の模試で点数が伸びないときに考える勉強法

中学受験の模試で点数が伸びないときに考える勉強法 中学受験をするうえで模試を受けることも多いかもしれませんが、点数が思ったように伸びないという経験をすることも多いでしょう。
一体何が原因なのかを考えてみると、普段はもっとできるのに、模試になるとできないような子どもの場合には、問題を解く時間が鍵になっているケースがあります。普段の勉強で時間を意識して解いていないということが問題になっていることがあるのです。

解けるか、解けないか、のみに集中してしまっているため、1問にかける時間の感覚に疎かになってしまい、模試になると制限時間があり、普段解いている時のような時間のかけ方が出来なくなることによって、余裕がなくなるため、解けなくなるということが起きる可能性があるのです。
したがって、原因がそこにあるのではないか、と当てはまるようであれば、今後は制限時間を意識した問題の解き方を実践していく必要があります。

受験ではただ問題が解けるようになれば良いわけではなく、時間を意識しながら解けないといけないわけですから、普段の勉強においても子供に時間を意識させるようにして問題を解かせる訓練が必要になるでしょう。

中学受験においてはこうした訓練がどうしても必要になります。時間を意識できないようであれば、現実的に合格は難しくなってしまいますので、模試の結果を見て、時間の使い方に原因があると判断したら、考え直すことが大切です。

最新記事